F1グランプリとスペインの魅力

爆音を鳴らして走り続けるF1が好きな方は多いでしょう。少ない追い抜きポイントで魅せるドライバーたちの駆け引きが多くのF1ファンを生み出していますが、世界各国で転戦しているグランプリで長い歴史を持つのはスペインで開催されているグランプリです。バルセロナの近郊に建てられているカタロニアサーキットは、ドライバーたちにもなじみが深いサーキットとなっていて、マシンのテスト運転などで利用している方も多くいます。そのため誰もがサーキットのことを熟知しているため、5月に開催されるスペインのグランプリで、その後の力関係というのもある程度想像がついてしまうのです。F1に興味を持ち始めている方は、そんな重要な一戦が行われているスペインのグランプリにどんな魅力が詰まっているのか知っておきましょう。

F1を観戦する上で重要なポイント

F1マシンというのは最高速で300キロオーバーを記録しているものがあり、F1のグランプリとは高速のレースで行なわれるドライバー同士の駆け引きを楽しむ一面を持っています。特にスペインのサーキットのようにテスト走行で走り慣れている場所であれば、スピードの出せる場所と出してはいけない場所というのはドライバーも熟知しているため、よりハイスピードでの駆け引きを見ることができるグランプリです。これはテレビ中継でも現地観戦でも楽しめるF1の魅力となっていて、ドライバーたちの見せ場でもあります。そんな見せ場を見逃さないように注目選手をマークしておきましょう。F1ドライバーには有名な選手がたくさんいるので、今誰が一番強いのか、誰が注目選手なのか知っておくことでより観戦を楽しむことができるのです。

F1はレースだけがメインではない

F1のメインは何と言ってもドライバーによるカーレースです。しかし、F1のグランプリを一つのイベントとしてとらえるとメインはカーレースだけではないのです。カーレースが開催される前日にはドライバーのトークショーやサイン会、サーキット場で屋台が出ているなどお祭りのような側面もあるのです。レースクイーンなどのショーもここに含まれ、カーレースよりもレースクイーンが目当てという方も少なくないのです。F1というのは予選や1回戦などを連日にわたって行うので、レース以外でも観客を楽しませるように工夫されています。テレビ中継ではうつされていない盛り上がりは現地に行かなければ味わうことができません。いきなりスペインのグランプリは難しくても日本国内で行なっているグランプリもあるため、一度生観戦してみると良いでしょう。