人は人生の中で目標を何度か立てることがあります。目標があればそこに向かって頑張ることができるので、目標というゴールラインを設定します。目標というのは高く設定しすぎても、低く設定しすぎてもうまくいくものではありません。目標設定が高すぎるとどんなに努力を重ねてもゴールラインに達することができないので、途中で挫折してしまうことが多いものです。逆に目標設定が低すぎると簡単にゴールラインに達してしまいますので、目標に達成してもあまり嬉しさを感じることができません。自分の能力にちょうどいい目標を達成した時の喜びは格別です。スポーツや勉強で目標を達成した時には、名誉だけではなくトロフィーや賞状をもらうことができます。名誉という形のない栄光とトロフィーという形のある栄光を手に入れることができます。名誉という形のない栄光も嬉しいものですが、トロフィーという形のある栄光の方が嬉しさが倍増します。人は誰しも世間から高く評価されたいと考えているはずです。一度高い評価を受けたら、さらなる高い評価を受ける励みにもなります。それが目標に達するための努力の活力源になります。目標というのは初めから高く設定するよりも、徐々に高く設定していったほうがうまくいくものです。

とあるトロフィーを手に入れる為に努力する理由

何らかの大会、催し物で存在するトロフィーを全員で狙う事の理由と言うのは、一体何でしょうか。そこに到達しようという思いがみんなにあるからこそ、その競技自体が成立していると言うのは勿論ですが、それ以上にもっと素晴らしいものが、この中には眠っていると言えます。一つの事に対して、それぞれの命が努力を続けて頑張ると言うその姿勢は、スポーツだけではなく多くの人生に言える事です。そう言った意味でも、表彰台という聖域を目指して人々が努力を続ける事自体に、とても大きな意味があると言えるのです。トロフィーの物としての価値が大きいというのも確かな事です。何よりもその時にしか手に入りませんし、実際に金などの貴金属を使っているものもあるので、物的価値がある場合もあるでしょう。しかし、それよりもやはり、それを取得出来るまでに至った道程自体に大きな意味があるのです。何事も最初から諦めて行動を起こしては、絶対に結果が伴う事がありませんが、逆に最初から諦めずに実行をすれば、どんな事も達成する事が出来るのです。そう言った事を、表彰台の上でトロフィーを取得する選手達は教えてくれます。人間が努力する素晴らしさというのがそこに集約されているのです。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*