トロフィーが有効に使おう

トロフィーは紀元前のギリシャ時代から始まる歴史を持ち、戦争の勝利者への勲章的な意味合いが今も受け継がれています。現代ではスポーツの試合や文化・芸術など広い分野で、その優勝者に与えられるものとして市民権を得ています。トロフィーのデザインには大別すると、四本柱タイプ、一本柱タイプ、クリスタルタイプ、ブロンズタイプがありますが、中には競技会そのものを提示した、例えばゴルフ大会であればゴルフボールであったり、野球であれば硬式ボールであったり、授与された者への賞賛の意味が込められていたならば、余りデザインには拘らないのも最近の傾向です。トロフィー自体に一番大事なのは、そのプレートであり、何時、何処で、どの大会での賞品なのかが明確になっている必要があります。又、その大会が一過性でなく、継続的であり、優勝者が順次持ち回りをする必要がある場合は、ペナントを別に付けて、其処に各大会ごとの優勝者を記してゆく方法もあります。いずれにせよ、大会を盛り上げる戦利品としての位置づけが大きく、表彰式に優勝者に授与する時に活用されるのが一番です。冒頭で述べたように、現代では各種催しで優勝する機会は増えているので、是非取得にチャレンジすべきです。

トロフィーを飾る人飾らない人

表彰状とともに贈られる事の多いトロフィーですが、表彰状と違い目立つところに飾っておくかたも多いと思います。証書を飾る際には、額縁を用意し、証書の大きさよりも大きい面積の壁に立てかけるのが一般的ですが家の中の壁の面積には限りがあります。また、証書を飾るにふさわしい場所とふさわしくない場所があるために、証書を飾る場所というのは限られていきます。しかし、証書をファイルなどにしてしまいこんでしまってはせっかく表彰されたというのにあまり目にかかることが無くなってしまい少し寂しい気もします。その点、トロフィーはまとめて飾っておけますし、す類ごとにまとめて飾っておくことにより表彰された競技または種目が一目瞭然となります。インテリアとしても存在感をもってお部屋のアクセントにもなりますし、結果が目に見えてわかるので次も頑張ろうと思えたり、昔自分又は家族はこんなにも結果を残すことができたのだと思えることができます。しかし、飾る人と飾らない人と二極化してしまうのは何故なのでしょうか。飾る人は一つの種目において素晴らしい功績を上げた人が多いのでははいでしょうか。また、飾らない人は、色々な分野で受け取った人が多いのではないでしょうか。道を極めていく中で、トロフィーはさらに価値を持っていくのではないでしょうか。