スペインで開催される主なF1グランプリ

モータースポーツが大好きな人たちが楽しみにしているスペインで開催されるF1のグランプリは、毎年すごい盛り上がりを見せます。もともと4か所のサーキットを使っていましたが、1991年にカタロニアサーキットを設立され、毎年このサーキットでグランプリが開催されています。やはり熱気や音を体感するには現地で観戦するのが一番です。迫力が違い通り過ぎた時に感じる鳥肌は興奮を覚えます。周りにもたくさんの観戦しているお客さんがおり、盛り上がるところも同じなので一緒に盛り上がる事ができ、楽しさも倍以上になります。テレビで見るのとは迫力が全く違い、F1マシンのエンジン音の違いに驚く事でしょう。一度は観戦ツアーでサーキットの隅々まで見てみましょう。普段見る事のできないピットの中も感動することでしょう。

カタロニアサーキットの特徴について

スペインで行われているF1レースのグランプリ決勝戦では66周という他のサーキットよりも長い全長4,655kmで争います。高速コースが多いのが特徴でスピードをあまり落とさずにコーナーに進入してくるので迫力満点のコーナリングを見ることができます。ただし、第一コーナーは強めのブレーキングが必要になり追い越しポイントとして有名です。ドライバーの腕が試されはらはらさせられるポイントになるでしょう。F1マシンのフル加速を見てみたいならメインストレートでの観戦がおすすめです。瞬きする暇もないほど一瞬で通りすぎてしまいますがそのマシンのスピードは軽く300キロを超えています。低速コーナーがなくほとんど中高速コーナーの多いカタロニアサーキットでは、基本的なマシンの設計が非常に重要になってきます。ダウンフォースという、走行中のマシンを地面に押し付ける空気の力を上手く利用できているかが大きな鍵です。

注目したいレースの見どころとは

スペインのカタロニアサーキットで行われるF1のグランプリの見どころとして外せないポイントとはどこでしょうか。数少ない追い越しポイントは見逃せません。このカタロニアサーキットには基本的に追い越しポイントと呼ばれる場所が2か所しかありません。クラッシュ寸前の、ぎりぎりの激戦を見る事ができます。追い越しポイントが少ない為、スタート直後のポジションはかなり重要になってきてしまうのでオープニングラップは注目すべきところです。カタロニアサーキットは中高速コーナーが多い為、タイヤを酷使します。どのようなタイヤを選択し、どのタイミングで交換するのかが勝利の鍵を握っています。スタート時は燃料が満タンのため車体は重くタイヤの負担も大きくなり、走行していくと路面が摩擦により熱くなればハードタイヤがメインになるかもしれないなどといった点に注目してみましょう。

どんなF1観戦券も手配できますので、ご希望に合わせて観戦券を自由に選択出来ます。 大人気のF1ツアーはシンガポールGPで一式(観戦券・航空券・ホテル代・送迎車代)約16万円~、競合大手と比べても2万円以上安いです。 開催レースにも価格差の大小はありますが、平均して約2万円~5万円も安くツアーをご手配いたします。 F1スペイングランプリ観戦ツアーお探しの方へ